すこぶる.net

技術系備忘録など

Apache Linux

htpasswdコマンドでベーシック認証のパスワードを8文字以上に設定する方法

投稿日:

概要

htpasswdコマンドを使用してベーシック認証のパスワードを8文字以上で作成する際には注意が必要です。

普通に8文字のパスワードを設定使用すると上記のようになります。
この場合は、8文字移行の文字は無視されてしまいます。

解決方法

解決方法は、htpasswd コマンドに、m オプションを使用することです。
m オプションは、MD5 でハッシュを作ってくれます。デフォルトで cyrpt 関数が使われるところを MD5 でハッシュするようにします。

以上となりますが、実は最近ではデフォルトで MD5 に対応しており、特に何も気にしなくていいようです。
htpasswd コマンドのマニュアルを以下に記しておきます。

 

-Apache, Linux
-, ,

執筆者:

関連記事

【Apache】Indexesが効かないときの解決方法

概要 Web サーバに Apache を使用する場合、Indexes を削除しておくことによりセキュリティ的に良い場面が多いと思う。 しかし、ためにディレクトリ構成を見せたい場合などがあり、 Inde …

curlコマンドで接続時間を確認する方法

概要 Linux を使用している場合、Webサーバへの接続確認に curl コマンドを使用すること場面が多いと思います。 そんなときに、名前解決にかかる時間、サーバとの接続にかかる時間を確認する方法を …

HTTPS化に向けてWebサーバでSSL設定をするときのコツ

概要 Webサイトのセキュリティが案じられている現状で、各サイトのHTTPS(SSL化)への移行が急速に進んでいる。 GoogleもHTTPSサイトへの移行を推奨しており、SEO観点でも大きく影響して …

【direnv】ディレクトリごとに環境変数を管理する

direnv を使うメリット ディレクトリごとに環境変数を変えたい場合があります。 例えば、複数のプロジェクト(サービス)を管理しているときなどです。 もう少し具体的にいうと、 Terraform な …

Linuxでパッケージアップデート後に再起動が必要なプロセスを確認する方法

概要 Linuxでパッケージをアップデートしたあとにプロセスを再起動しないといかないものがあります。 例えば、openssl をアップデートしたあとは、Apache のプロセスを再起動するということが …